読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期待しては裏切られ、裏切られ

病気を患っている私の父の

最後の誕生日にもなるかもしれないから、と

口には出さなくても家族皆が集まった先月。

 

家族が集まる中

夫だけは、直前に私に無断で裏切り、来なかった。

 

ここ最近

以前にもまして体調が悪そうな父。

明らかに痩せてしまっていて骨と皮だけのよう。

声が出にくく、物が食べにくく、歩けず、一日中ベッドに寝たきりになっている。

 

もう治療の手立てはないらしく、痛みが強い時にモルヒネを摂る。

治療ではなく鎮痛剤。

父は、私には想像出来ない痛みと辛さと闘い続けているが

つい先日初めて弱音を吐いたのを聞いた。

 

もう、いいかな、って。

 

そんなこと言っちゃだめ、と言ったけど

私にはそれしか言えなかった。

 

会う度に活動範囲が狭まり弱っていく父を見て

人の寿命なんて分かるわけないけど

そう遠くないのでは、と怖くなってしまう。

 

 

夫にもその様子を伝え

顔を見に会いに行ってあげてほしいと言ったが

 

ほんの少し、夫の職場からたった徒歩5分ほどのところに位置する私の実家に、どうやら来る気はなさそうな反応だった。

 

来て欲しければ頭を下げてお願いしろ、と。

 

 

むしろごめんだ。

一生関わらないでほしいと思ってしまう。

 

人として尊敬出来ない、最低な夫。

軽蔑してしまう。

 

そんなところまで、私に頭を下げさせる行為をすることにより自分が優位に立った気分になりたいのか。