読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芯の通っていない夫

嫌がらせの能力だけは磨かれてきたんだろうな。

 

他人に対して愚痴と文句、貶すことか媚びへつらうことしかしていない。

 

器は小さいくせに態度だけは大きい男。

別れ話をした時に泣きながら

「好きなんだよ、別れたくないんだよ」

という言葉に同情してしまったのが運の尽きだった。

 

あれが分かれ道だった。

 

あのまま別れられたらどんなに今幸せだったんだろう。

 

無責任なモラハラ男に同情してしまったのが良くなかった。

 

まともな話し合いも出来ず

責任転嫁と筋の通らない言い訳ばかり。

きちんと筋道たてて話すことが出来ないから言っている意味が分からない。

それも、向こうからしてみれば『理解できないお前が悪い』となるわけだけど。

 

私が伝えたいことをあの男が理解できないのは、『伝え方が悪いお前のせい』

あの男が伝えたいことを私が理解できないのは、『理解できないお前が悪い』

だそう。