読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モラハラは理解されない

自分自身が今の環境に立つまで、全く想像がつかなかった。

当たり前だけど経験がないから分からなく、世の中にそんな人間がいることすら現実味がなかった。

 

だから、今私が身近な友人に夫の身勝手な振る舞いを訴えたとしても

「どこの家庭も一緒だよ。うちもそうだよ」

「旦那さん子供っぽいねぇ」

「え?そんなこと言われるの?笑えるねー!」

返ってくる言葉は決まって、以前の私と同じぐらいモラハラというものを知らない人の反応でしかなかった。

でも、知らないのだから仕方ないし、理解しろというほうが無理だとも思う。

実際外面の良い主人と仲良く過ごしてくれている友人たちだからこそ、まさか?という気もするのだろうと思う。

 

主人は、皆といる時にも私にしか聞こえないぐらいの声で文句をいい、嫌な気分にさせ、そのせいで不機嫌になった私に対しここぞとばかり

「皆でいる時に何不機嫌になってるんだよ!空気を悪くするな!」

と言う。

人のことを嫌な気持ちにさせておいて、誰かに聞かれると一方的に私を責められなくなるから私にしか聞こえないようにいつも巧妙に文句を言ってくる。

不機嫌になった私を見て、それ見たことか!きたきた!と、ここぞとばかり責め立てる。

私を悪者に仕立てる。

いつもいつも。

うんざりする。

 

いっそ人に聞こえてしまえば、おかしいなと感じてくれる人もいてくれるかもしれない。

私が誰かにこの男の本性を全てぶちまけてしまえばいいのかもしれない。

でも、そんなことして何になるのか、と自問自答を繰り返す。

また我慢する。

 

人に理解されず、外面の良いあの男が得をしていることが許せない。

外で良い人のふりをしてる反動で私にだけ甘えとモラハラを繰り返すあの男が、大嫌い。

 

理解されないのは仕方ないにしても

理解できない人にモラハラを訴えたとしても

自分が余計に傷つくだけだと知った。

 

それもすべてあの男のせいで、さらなるストレスになっているんだと思った。

負のスパイラル。

良い事なんか、ひとつもない。