読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「怒るため」のスイッチは何でもいいらしい

繰り返される毎日のあまりの非情な扱いに心が疲れている。

 

この人のために何かをしてあげたいと思う気持ちが湧かない。

 

1、ごはんを作らないでおく。

激昂。

 

さらに、夫が以前買ってきてあったカップラーメンを私が食べていたことにも怒り狂う。

 

「何勝手に食ってんだ!!!」

(私が買ってきた食べ物、飲み物、一月に5000円の食費しかいれない夫が好き放題していても何も言ったことないけど)

 

2、ごはんを作っておく

やじ、文句。

 

どうせ自分のついでだろ!

(私は自分だけのためならそんなに手をかけない)

 

なんだこの米は!パサパサしてまじい!

(いつも、冷凍してあるご飯を帰宅時間の定まらない夫は温めずにテーブルに出しておいてほしいと言うからその通りにしていた。ちなみに炊きたてのご飯より冷めたご飯が良いらしい。帰宅後、5分も待てずにすぐに食事をしたいため冷凍のまま保存しておくよりは少しでも自然解凍出来ているように、冷凍庫から出しておいてほしいらしい)

 

 

・メシなんか食えれば何でもいい

・味なんか分からねー

・お前の作るメシはファミレスと同じだ

・何でお前の趣味(料理のことらしい)に俺様が付き合ってやらねーといけねーんだよ!

・俺様が食ってやらなかったらどうすんだ!食ってやってんだぞ!食べてくれてありがとうございます、だろ!お礼を言え!

等々…

 

数々の暴言は、昼夜問わず繰り返される。

明け方帰ってきた夫は、寝ている私の近くで怒鳴る。

仕事前だろうと関係ない。

おかえり、と言っても無視される。

眠れなくなっても横になる私の近くで暴言を繰り返す。

 

うんざりする。

 

ごはんを作っていようがいまいが、

どちらの行動に対しても怒りのスイッチを入れるだけのきっかけにすぎない。

何でも良いから絡むきっかけにすぎない。

 

この人のために何かをしてあげたいと思う気持ちが湧かない。